自己破産するときのメリットとデメリット

自己破産とは、裁判所が個人が債権者に対して借金の返済が不可能と判断した場合、免責などの手続きをとることが可能です。
自己破産のメリットは税金以外の債務の支払がすべて免除になります。
通常、借金を滞納した場合は、債権者が強制執行などの手続きを取り、給料などを差し押さえられるという不安がなくなります。
また、20万円以下の財産や最低限の生活を営むための現金や物品は手元に残すことが可能です。
またデメリットは、クレジットカードの作成や各種ローンの借入が5年から10年間はできなくなります。
いわゆるブラックリストに掲載されます。
破産した本人の住所や名前といった個人情報が国の情報誌といわれる「官報」に掲載されます。
人目に触れる恐れがあります。
さらに、免責決定を受けるまで職業につけない可能性も出てきます。
つまり、仕事に就くことができなくなるということは、生活に多大な影響を及ぼす可能性があることです。
本当に自己破産が必要か見極める事が必要です。

利用シーンに合わせたクラウド
まずはビーキャップに用途をご相談ください

リスクを最小限に抑えた夜逃げをサポート

薬事法に則った記事作成代行トップクラス
WEBコンテンツならダリコーポレーションにご依頼くださいませ

費用を抑えてアプリ開発をしたいならDOKE株式会社
低価格で自分のイメージしたアプリのアイデアを形にしてもらえるので、便利です。

セキュリティに関する専門家が在籍しているので安心!
防犯に最適な機器の選定や設置工事・メンテナンスまですべて任せられます。