個人再生のメリットとデメリット

個人再生は、債務整理の中でも任意整理と自己破産の中間に位置しています。
自己破産同様、裁判所に申し立てをして、借金の支払義務があるということです。
個人再生のメリットは、必要な債務の5分の1減額されるため返済が楽になります。
自己破産では、一定の価値のある財産は手放す必要がありますが、個人再生の場合は、こうした財産を手放す必要がないというのがメリットです。
次に、個人再生の手続きが開始されたら給料を差し押さえる強制執行がなくなります。
その一方でデメリットは、クレジットカードの作成または更新、各種ローンの借入が5年から10年の間できなくなります。
さらに、自己破産とは決定的に異なる点は、手続きが開始されても減額された債務を返済していかなければならないので、ある程度の収入がないと手続き自体を開始することができません。
さらに国の機関誌である「官報」に住所や名前などの個人情報が掲載されるため、人目に触れる危険性があります。