借金の悩みを解決する方法 個人再生

個人再生は、裁判所を通じて借金を減額する債務整理の手続きです。
裁判所に認可されるためには、個人再生のための再生計画を提出しなければなりません。
そしてその計画が認められたら、原則として5分の1減額された債務を3年間の期間の中で返済していく必要があります。
債権者いかんでは最終で5年間という場合もあります。
いずれにしろ債権者次第であると言えます。
また、自己破産のように住宅や自動車など財産を手放す必要がないのも特徴です。
ここで注意が必要なのは、誰でも財産を手放す必要がないかというとそうではありません。
一定の条件を満たした場合というのがポイントとなります。
また自己破産同様、借金の保証人になっていない限り家族に迷惑をかける心配はありません。
クレジットカードの審査なども個人の所有物となるので影響はありませんが、一家の買い物となる自動車などの各種ローンを組むときに審査などにより影響することがあるかもしれません。