法律はいつから人の社会に存在しているのか

いつから人の社会があり、それを規律するルールがあるのか正確なことは誰にもわかりません。
四大文明と呼ばれる世界の文明が起こった地域ではすでに集団生活が行われ、国らしき物ができていたわけですから、古い時代から人と人の生活をまとめる意味で法律は存在していたことになります。
どんな人間でも、話す言葉や住んでいる地域などで社会に属しています。
アウトローのような存在は1年や2年は生活ができたとしても、一生社会と関わらないで生きていくことはできません。
法は人の暮らしを規律する物ですがよく考えてみると決して堅苦しい物ではなく、理不尽な暴力や損害から人間の身や財産を守ってくれるありがたい存在です。
これをしっかりと働かせるためには、自分自身が法を知っていなければなりませんが、今はプロの弁護士などがいますので、彼らにサポートしてもらえば法が絡むトラブルはきちんと解決できます。
この世でうまく生きていくのに法を使いこなさない手はありません。